美容だけでなく健康にも効果のあるプラセンタ!

プラセンタ(Placenta)とは胎盤のことです。胎盤の種類は「動物性プラセンタ」や「植物性プラセンタ」、「海洋性プラセンタ」に区別されています。 美肌や更年期障害に効果のあるプラセンタの効果を理解して正しく活用しましょう。

*

スキンケアアイテムに広く使用されるプラセンタの原料

   

プラセンタの原料:ヒトプラセンタ

プラセンタは肌のくすみを解消したりハリを取り戻すという効果があることから、すでにスキンケアアイテムに広く使用されています。そのプラセンタには、ヒトプラセンタという種類のものがあり、それらは人由来の胎盤から摂取されたものを原料としています。

プラセンタが胎盤を意味しているものであり、赤ちゃんを育てる上で沢山の要素が含まれていて基礎代謝を活発にする作用があります。そこで厚生労働省では、肝機能障害や更年期障害の治療として医薬品としての利用を許可しています。

そのため処方をしてもらうときは医療機関でしか摂取をすることができず、その分、高い効果が期待できます。注射で摂取する方法とカプセル状の内服薬でとる方法があり、それが医師の判断で処方されます。

一方で、日本ではヒトプラセンタは医療用に使用することは認められていますが、化粧品や食品に配合することが禁止されています。また摂取をすると、献血ができなくなるので使用する前に注意事項を確認することが大事です。

プラセンタの原料:動物性

プラセンタの原料には、ヒトの胎盤の他に、動物性のものがあります。胎盤を持ついくつかの種類の動物から摂取されていますが、その中でも代表的なものが馬と羊、豚の3種類です。

馬はアミノ酸の含有量が他の動物と比べて多いという特徴があり、豚は人間への適応率が高いというメリットがあります。そのため厚生労働省でも良質なプラセンタであると認められており、摂取することで体内に吸収されやすい特徴を持っています。

そして羊は日本よりも海外で人気が高く、複数の種類のアミノ酸を含有しています。プラセンタはアミノ酸だけでなく、たんぱく質や糖質、ビタミン、核酸を含んでいるので身体の内側から代謝を促したりホルモンバランスを整えてアンチエイジングの効果を期待することができます。

プラセンタには成長因子となる成分が豊富に含まれているので、細胞分裂を活発にしたりコラーゲンの生成や血行促進といった様々な面からアプローチをして、美肌や若さを保つように働きかけます。