Monthly Archives: 10月 2014

低用量ピルによる血栓症の発症リスク

女性の避妊や月経困難症の改善、月経前緊張症の改善など、低用量ピルの効果は様々あります。 女性ホルモンの分泌量を抑えて女性特有の辛い症状を和らげることができ、生理周期を整える働きがあり、婦人科での治療にも利用されています。 […]

低用量ピルの副作用、血栓症での死亡例

低用量ピルを使用した人の副作用については、症例も発表、分析されています。 中でも、低用量ピルを使用していない人の静脈血栓症発症リスクは、10,000人に1-5人であるのに対して、服用者のリスクは3-9人になります。 死亡 […]

ピルの特徴を知り、自分に合った安全なものを買おう

ピルを服用するには事前に特徴を調べて、自分に合った物を選ぶのが安全です。 ビルには99.8パーセントの避妊効果があり、月経トラブルの改善にも役立ちます。 ピルを服用することによって、月経量の減少や生理痛の緩和などが期待で […]