血栓症かな?疑うべき代表的な特徴

血栓症とは、血管が血栓で詰まることによって肺などの臓器に血液が流れないために起きる症状です。
血栓が詰まる場所によっては、心筋梗塞や脳梗塞などになるおそれがあります。
血栓症の中でも比較的に多く見られる、脳梗塞の代表的な特徴としては、手足の麻痺や喋りにくくなったりします。
また、心筋梗塞の場合には息ぐるしくなったりします。
これらの症状は、どこに血管が詰まるかによって異なりますが、前触れもなく急激に発症してくることが特徴です。
次に、血栓症になりやすい人の特徴は、年齢からみた場合には、35歳以上の人に起こりやすい病気で、65歳を超えると発症者数は大きく跳ね上がります。
その他にも、肥満もしくは糖尿病の人も多くの割合で発症しやすいと言われています。
肥満の人は運動不足や高カロリーのであったりと体に負担をかけていることが多いため、血液の循環が悪くなり血管が詰まりやすくなります。
糖尿病の人も同様に栄養が偏りがちになり、さらに糖質や脂質を多く摂取する傾向にあります。
これらは動脈硬化や脳疾患などを誘発するおそれがあります。
ですので、普段から血栓症になりやすい人は、意識的に改善を心がけることや血栓症の治療薬を使うことで対策は可能です。