低用量ピルによる血栓症の発症リスク

女性の避妊や月経困難症の改善、月経前緊張症の改善など、低用量ピルの効果は様々あります。
女性ホルモンの分泌量を抑えて女性特有の辛い症状を和らげることができ、生理周期を整える働きがあり、婦人科での治療にも利用されています。

しかし、薬なので人によっては副作用があり、静脈血栓症の死亡例も報告されています。
主に喫煙者や高年齢の方、肥満の方に発症リスクが高い傾向にあります。

血栓症とは、血管の中に塊ができてしまって血管が詰まってしまう疾患のことです。
海外の報告では、年間で10000人中3人から9人という数字が出ています。
しかし、妊娠中の血栓症の発症は10000人中5人から20人、出産後12週間では40人から65人という報告があり、これに比べれば低容量ピルでの発症はかなり低いものとなっています。

低用量ピルを服用中に激しい腹痛や胸痛、むくみ、息苦しさ、頭痛など、普段と違った症状が現れたら、すぐに服用を中止してすみやかに医師の診断を受けるようにしましょう。

そして、ピルを服用する時には医師の診察に従って、決まった量を決まった用法で服用するのが大切です。
医師から注意点をきちんと聞いて、副作用の事も知った上で、正しい飲み方で服用するようにしましょう。