ピル服用時生理周期にあわせていつから飲むのか

避妊をしたい女性にとって効果的なのが避妊薬です。
男性向けの避妊具にはコンドームがありますが、女性向けの避妊薬としてはピルという避妊薬が有名です。
ピルを最適な服用をした場合ほぼ100パーセントの避妊効果があると言われていて、避妊効果の高さが実証されています。
避妊において男性だけで無く女性も避妊に対する意識を持つことが大事です。
またピルを服用する事で、生理不順の改善やホルモンバランスの安定によりニキビの発生が抑えられたりと、避妊以外にも女性にメリットがあります。
医師に診断してもらい処方してもらうのですが、薬なので飲み方にはしっかりと注意する必要があります。
そんなピルを服用時に注意するべきタイミング、服用法が2点あります。
まず1点目として、いつから飲み始めるのかについてですが、この点に関しては生理が始まった日から飲み始めます。
多くのピルは21日周期、28日周期で1シートになっています。
いずれも飲み始めるタイミングは生理が始まった日からと決まっています。
確実な避妊効果が得られるまでの期間は別の避妊具をしっかりと使用する必要があります。
この期間については医師に確認してしっかりと把握しておく事で確実性が増します。
次に2点目として、飲む時間をしっかりとコントロールする事です。
ピルは1日1回で良く服用も1錠ですが、飲む時間を毎日合わせる必要があります。
朝でも夜でも構いませんが、同じ時間に継続して服用する事が非常に重要です。
朝の起床時間に毎日設定する等自分なりの忘れない工夫が求められます。
以上の2点がピル服用のタイミングにおける注意点です。
体の影響も少なく安全性が高い避妊薬なので注意事項を守って服用する事で高い効果を発揮できます。