ピルを飲み間違いすると具合悪い状態になることも

避妊をしたいと思った時にピルを選択する女性も増えてきています。女性ホルモンが配合されているので、生理周期が安定したりするなどのメリットもありますが、飲み始めたばかりの頃はまだ体が慣れていないために具合悪いと感じる事もあります。どのピルに関しても、悪心や頭痛などの注意は促されているのですが、この具合悪い状態に関してはシートを継続して飲み続けていけば特に問題なく体も慣れてくるので、症状も緩和されていきます。

気をつけたいのがピルの飲み間違いです。ピルには1相性のものと3相性のものがあります。1相性のものの場合は全てが同じ含有量なので、どれから飲んでも間違いはありません。飲み忘れを防ぐためにはシートの順番どおりに飲む方が良いでしょう。けれども3相性のものに関しては、女性の生理周期に合わせて成分の配合が変化していくように作られています。そのため、シートの順番を間違えて飲んでしまうと具合悪いと感じる原因になります。間違いなく飲み続けていく事が避妊効果を得るためには必要な事になりますので、飲み間違えてしまうとその時点でそのシートは服用中止にして生理を起こして次のシートに移行する方が無難です。

ちょっとした時間の遅れや、とりあえず飲み続けていれば間違いはないだろうと考えるのはやめましょう。基本的にピルはシートの数字の順番どおりに飲み続けていくことが重要です。そして、時間は決めた時間に規則正しく飲み続けていく事で効果が発揮されます。飲んでいくときに具合悪いと感じて、それが何シートか継続しても改善されないようなら病院に相談をして別のピルの服用を検討するという事も選択肢に含めて利用をしていきましょう。