ピルは女性軽視という問題に立ち向かいます

女性が自らの意思で避妊対策ができるという医薬品であるピル、諸外国では日本とは比べ物にならないほど普及していますが、我が国においてはまだまだそれほどの広がりは見せておらず、ピルを飲んでいる女性は軽い、などというわけのわからない女性軽視発言をする輩もいます。このようなバカげた発言は、先進国としては恥ずべき問題で、女性の社会進出がこれほど盛んとなっている昨今において、女性が自分の意思で妊娠をコントロールできないような環境は、排他的といわざるを得ません。また、日本においては性交渉を行うカップル間でも、大切な避妊について話し合うということはなく、男性任せにして不安な日々を送っている女性も多く、これも忌々しき問題です。コンドームを装着すると気持ちよくないから、めんどくさいからといった身勝手な理由で女性軽視をし、結果として望まない妊娠をさせ、女性の心と身体をひどく傷付けている男性は、恐ろしいことにこの日本にはたくさんいるのです。女性は、正しい知識を習得し、自らの手で大切な身体を守ることが重要です。わけのわからない女性軽視は無視して、低用量ピルという素晴らしい医薬品を積極的に活用し、望まない妊娠を避け、安心できる快適な毎日を送りましょう。もちろん、コンドームをきっちりとつける誠実な男性も多いですが、この避妊具にも問題はあり、装着ミスや破損などで思いもよらない事態に陥ってしまうことも珍しくはありません。今は妊娠する時期ではないと考えているのであれば、ピルを服用し、万全の体制でセックスを行えるように身体を整えておくことは、大人の常識ある女性なら当たり前の行動です。諸外国同様に、合理的に賢く生きる女性になりましょう。