ピルで日にちを早める計算をするには

今話題になっている避妊方法としては、低用量のピルの服用があります。これは、毎日女性ホルモンが入っている錠剤を飲み続けることで、生理周期を整えることができ、基本的には28日周期にして定期的に生理がくるようにできるのです。また、排卵を抑制する効果もあるので、高い避妊効果があるものなのです。毎日きちんと飲むことができれば、ほぼ完璧に避妊できるという優れものなのです。しかし、飲み忘れがあると避妊効果がなくなるので、ほかの避妊方法に切り替えるようにしたほうがいいのです。
この低用量のピルというのは、避妊以外の効果もあるのです。生理周期を整えて、生理痛や排卵痛を緩和させたりする働きがあったり、ニキビなどの肌荒れを予防する効果も期待できるのです。ですから、医療機関で違った目的で処方されることもあるくらいなのです。
特に、若年者などで生理不順に困っている人や修学旅行などのイベントで生理の日にちをずらしたいというときにも効果があります。きちんと計算をしておいて、ピルの錠剤を加減しながら飲むようにすると、生理を早めたり、遅くしたりすることができるのです。
具体的には、どのように計算をしていけばいいのかというと、通常21日型の服用のものであれば、3日早めたいというときに最後の3日分を飲まないで入れば、3日早めることができて生理がくるようになります。また、遅らせる計算では同様の方法でホルモン剤の入っている錠剤を3日分余分に飲むようにすればいいのです。
このようにして、生理を早めるためにはピルの飲み方を工夫すればいいのです。早めることや遅くすることで、大切なときに生理にならないようにすることができるものなのです。